%e6%9d%b1%e6%b4%8b%e5%8c%bb%e5%ad%a6%e9%99%b0%e9%99%bd%e8%ab%96

東洋医学を知るシリーズ

気陰陽について

今回も気についてのブログ内容ですが、その中でも陰陽の気について綴っていきます。

 

皆さん気については、前回のブログで少しお話ししましたね。今回は「陰陽の気」についてです。

気は「気一元」といって、万物(全ての物)は気からできているとお伝えしましたね。

しかし、その気も大きく二つの性質の気に分ける事が出来るのです。それが陽気というものと陰気というものです。

 

万物(全ての物)は気から出来ており、その気は陽と陰の全く違う性質の気でシーソーのようにバランスを取り合って

構成されているのです。

また東洋医学では世の中に存在する物質、動き、変化には全く正反対の物が必ず存在すると言われています。

 

【陽】

光、夏、男、動、火、表、赤ちゃん、皮膚、天、元気、背中

 

【陰】

影、冬、女、静、水、裏、お年寄り、内臓、地、病気、お腹

 

また体に備わっているエネルギー(気)にも陽気と陰気があります。

陽気は、体を温める、また体を動かす為のエネルギー等に使われ、陰気は陽気が強くなり過ぎないように鎮静の役割をしたり、

石炭やアルコールのように陽気を生み出す為の元となったりします。

陽気が少ない状態のことを陽虚といい、冷えたり、体がだるくなったり、風邪を引きやすくなったりします。

陰気が少ない状態のことを陰虚といい、火照ったり、寝汗をかいたり、のぼせたり等の症状を引き起こします。

そして、その気の陰陽変化を図にしたものが皆様も見たことがある太極陰陽図となります。(よく街中でも見ます。)

 

またこのように、バランスがとれた気持ちよい状態の気の事を「沖気」といいます。

当院の名前【沖気】はここからとったわけですね(^_-)-☆

この高石市富木駅を中心に健康、元気、癒しを作る為、そして人と人との繋がりを築きあげ、よりよい健やかな町を作る事を

コンセプトとしてこの名前をつけました(*^-^*)